シロクマとペンギン

主に読んだ本の備忘録です。

『くますけと一緒に』

 新井素子くますけと一緒に』(新潮文庫 1993年)を読みました。

 新井素子氏は、何かの賞で星新一氏が最優秀賞に推され、『ほしのはじまり』という本でショートショートを選んだ作家であったという、星新一氏絡みのイメージしかなく、それに伴い、全く読んだ記憶がありませんでした。

 しかし、家の本棚を漁っていたら、偶然目に留まり、そういや星新一氏が推していたという作家だったなあ、と思いながら、本を手に取りました。

 以下あらすじ――両親を事故で亡くし、その両親の親友であった夫婦に育てられることになった成美は、くまのぬいぐるみである"くますけ"を一時も手離せないような子どもだった。そのせいで成美は、おかしな子どもとして扱われていたが、誰にも言えない秘密があり、"くますけ"しか信じられなくなっていて・・・・・・――

 文庫には裏表紙の内容説明があると思うのですが、その説明には"モダン・ホラー"という説明書きがあり、少し身構えて読み始めました。

 成美の両親は非常に仲が悪く、喧嘩ばかりしており、そのせいで両親が事故死する前に、既に成美はぬいぐるみである"くますけ"に依存し、"くますけ"は両親以上の存在となり、そして"くますけ"は喋ります。成美よりも、かなり、かなり大人な視点から助言したり、励ましたりします。ぬいぐるみが話すのは成美の精神状態が不安定で、成美の幻想なのかなと思いながら読み進めていったのですが、終盤になって、というかラストで、ゾッとしました。

 ・・・・・・とは言いながら、ハッピーエンドです。非常に不安定な成美の内面を描いているので、読んでいる時はこちらも非常に不安になるのですが、ハッピーエンドで間違いないです。それなのにラストが怖い、というのは、新井素子氏のぬいぐるみに対する考え方が投影されているからでしょうか。あとがきで、作者がぬいぐるみ好きだと知り、そう思った次第です。

 また、嫌いな人、モノは嫌いと言って良いのだ、というメッセージも込められていた気がします。この小説では、その当たり前が完全に否定されており、子は父母を嫌っても恨んでも良いのだ、という作者の思いが込められているような感想を覚えました。そして、今まで父母が嫌いという感情が生まれなかった僕は、どれだけの愛情に接していたのかと読み終えた後、思いを馳せてしまいました。

 あとは、この小説内で、

「そして結局」

「そして結局」

パパとママ。生垣の前に立ったパパとママは、二人してこう言うと(新井、1993、p213)

 と表現されている箇所があります。そこで僕は森見登美彦氏の『ぐるぐる問答』内の上田誠氏との対談で、小説と舞台の違いについてお話しされていたのですが、これが舞台だったら、二人が一遍に言えるの鍵括弧を二つも付けずに済むのかなあ、とか、小説の特性について色々と考えてしまいました。

 さて、何だか、ダラダラと書いてしまいましたが、作者の独特な文体と、暗い展開が続く内容が苦でなければ是非とも読んで頂きたい一冊だと思いました。終盤のカタルシスと、ラストのゾッとする終わり方を是非とも体験して欲しいです。

 また、あとがきにて、作者が『おしまいの日』という小説について言及されていたので、そちらも読んでみたいと思います。

――読書記録(2)新井素子くますけと一緒に』(新潮文庫 1993年)――

くますけと一緒に (新潮文庫)

くますけと一緒に (新潮文庫)

 

 

ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集

ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集